札幌市内に住んでいるのであれば、市街地の目抜き通りにある札幌市役所というのは身近な存在であるといえます。通常であれば、住民票を取得したり、固定資産税などの税金を納付したりといった目的で札幌市役所を訪れることが多いといえます。
ところで、失業や病気などでお金に困ってしまった場合に、この札幌市役所でお金を借りることができるかどうかですが、札幌市役所は金融機関ではありませんので、札幌市役所そのものが融資を実行するといったことはありません。しかし、札幌市役所に相談をすることによって、お金を借りる算段がつくこともあるのです。
たとえば、お金を借りるとはいっても、一般的な銀行などの金融機関ではなく、都道府県ごとに設置されている社会福祉協議会の制度を利用するという方法があります。社会福祉協議会では、生活福祉資金の貸付制度を設けていますので、所得水準の低い世帯や、身体障害者がいる世帯などについて、低利での貸出を行っています。
こうした制度を用いてお金を借りるのであれば、札幌市役所の福祉事務所の窓口を訪れて、お金を借りる方法がないかどうかを確認して、社会福祉協議会に取り次いでもらうというのがスムーズであるといえます。
あわせて、生活保護の支給を申請して、お金を借りるのではなく、むしろお金をもらって生活の再建、自立をめざすという方法もありますので、方法にこだわらずに、問題解決の道筋についての相談をしてみるのがよいといえます。
お金の借り方mac【申し込み手順、流れが分かりやすいランキング】はこちら